2019年10月19日(土)、11月30日(土)、2020年1月18日(土)開催 クリスチャン・コノグ先生のオンライン講座

 

沢山の方々にリクエストを頂いていた、待望の恒星の講座をいよいよ来月10月から3回にかけて開催します。

講師は長年の友人であり、30年以上の経験を持つクリスチャン・コノグ先生。クリスチャン先生は、恒星の権威であるバーナデット・ブレイディ先生に長年師事。自身の研究も重ね、独自の理論も展開しています。

アストロロジーでは太陽系の惑星のみに着目しますが、夜空に輝く星のほとんどが恒星です。アストロロジーの中で恒星を学ぶと、太陽系の惑星や地球を広大無辺の宇宙の一員としてとらえることができ、改めて未知の世界の無限の可能性を感じます。またチャート上に表示していなくても、いかに恒星エネルギーが人生を象徴しているかも理解でき、宇宙の神秘性も実感するでしょう。

このオンライン講座では、恒星の入門編から始め、3回に分けて実施します。有名人の事例紹介、皆さんからの質問やチャート共有などを通してこの新しいアストロロジーの分野の理解を深めていただき、チャート解釈の下支えにしていただければ嬉しく思います。皆さんの参加をお待ちしています。

(AOAJ代表 咲耶まゆみ)

 


2019年10月19日(土)、11月30日(土)、2020年1月18日(土)開催 クリスチャン・コノグ先生のオンライン講座
「失われた天空~ルーツを求めて: ネータルチャートの恒星の解釈法」(逐次通訳付き)

 

「星空」と聞くだけで、慕情や憧憬などの様々な想いが呼び起こされます。暗闇に包まれている限り夜は驚きに満ちています。それが何であっても、かつて何であったとしても、信じがたいほどの連続性と統合性をもつ星を信頼することができます。星々は何光年も離れていても私たちと深くつながっています。私たちの体の原子は全て絶滅した星、つまり97%の星屑から成り立っています。星々は私たちを作っている素材なのです。星たちは人間が存在するはるか昔から存在していました。星と星をつなげた星座は、想いを馳せるアーキタイプを映し出すために人間が作ったものです。恒星と星座は人類の最も古いアストロロジーの遺産です。現代アストロロジーの中ではもはや恒星と星座は意味を持たなくなり、惑星にしか着目しなくなりました。しかし、私たちは出生図を持って生まれただけではなく、広大な宇宙の重要な一部でもあるのです。恒星に取り組むことでアストロロジー(ギリシャ語の”astron”=星)の本当の意味である「星空の観察と描写」に戻ることが出来ます:「プラネトロジスト(惑星学者)」から離れてアストロロジャーになりましょう。

 

 

1.テーマと内容

 

Part 1: 「入門編:失われた空 -恒星の紹介」

<内容>:
私たちは10,000年以上も空を観察し続けています。過去1,000年私たちの天空の視覚体験はホロスコープに取って代わられました。チャートは天体と取り組むための素晴らしいツールですが、残りの天空はどうなるのでしょう。私たちはまるで天空には狭い黄道上の惑星しか存在しないかのように装います。私たちは空とのつながりと豊かな神話や物語を喪失してしまいました。占星学と天空をもう一度つなぎ合わせて視野を広げてみましょう。驚くような結果が待っています。

 

Part 2: 「恒星とチャート」

<内容>:
このオンライン講座では、恒星と惑星を関連させてネータルチャートの恒星を読み解く方を紹介します。最初の手順は最もよく使われる、「恒星を黄道に投影させる」手法です。
しかし、恒星は黄道上の感受点や度数をはるかに超えたものです。各恒星は独自の惑星を持つ太陽系です。講座の中でクリスチャンが星空とホロスコープを融合させるもう一つの手法も紹介します。これは恒星と取り組む古代から使われている手法で「パラン」と呼ばれる恒星の真の配置を使います。

 

Part 3: 「実践編:恒星を使ってみよう」

<内容>:
Part1&2で解説した内容に基づき、この講座ではホロスコープで実際に恒星を使って読み解いていきます。チャートの中でどのように惑星と恒星を組み合わせれば包括的に見ることが出来るでしょうか。講座参加者のネータルチャートの恒星を使って出生図の理解をさらに深めていただきます。チャートシェア大歓迎。事前に出生データを提供頂きます。

 

スマートフォン講座 「失われた天空~ルーツを求めて: ネータルチャートの恒星の解釈法」Part①~③ 約6時間 19,800円(税込)

*セミナーに参加された方は、半額になります。申し込みフォームの連絡事項欄に「セミナー参加者」と記載ください。

 

 

2.講師

クリスチャン・コノグ先生

【プロフィール】

アストロロジーの実践・研究を始めて30年以上。心理学の学位を持つクリスチャンは心理学者、トラウマ精神セラピストとしてもクライアントのカウンセリングを行う。恒星の権威バーナデット・ブレイディ先生に師事。その後独自の恒星論を構築。天空を恒星、星座、惑星全てを含めて包括的にとらえるアプローチが共感を呼び、欧州からアジアまで世界中の占星学カンファレンスや学校で講師として招聘されている。ドイツ占星学協会(DAV)の認定アストロロジャー。占星学専門誌への執筆多数。書籍も2冊出版。2019年には、研究や講演などを通してアストロロジーの水準向上に貢献したアストロロジャーに贈られる International Jayavidya 賞をイタリアで受賞。

 

 


2019 October 19th (Sat), November 30th (Sat) and 2020 January 18th(Sat) Christian Koenig Webinar
“Fix Stars : Regain the Lost Sky-Back to the Roots”
(with E/J consecutive translation)

 

The starry sky. Just a few words can trigger so many longings and emotions. As long as the nights are dark, there are only astonishments. No matter what is and was, we can rely on the stars – an incredible continuity and embeddedness. The stars may be light-years away, and yet we are deeply connected to them. All the atoms of our bodies come from extinct stars: 97% stardust. The stars are the material of which we are made. Stars were there long before humans existed. The constellations, the imaginary lines between them, are human inventions, a result of using the sky as a projection surface for archetypal longings. Fixed stars and constellations are the oldest astrological heritage of humanity. In modern astrology the starry sky has become meaningless, we consider only the planets. But we were not only born with a birth chart, we are also a vital part of the entire cosmos. Working with fixed stars is a return to what astrology (Greek “astron” = star) actually means: the observation and delineation of the starry sky. Take the step from being a planetologist and become an astrologer.

 

1. Dates/Times and Themes

All participants including those who miss the webinar will receive an access to the recording (accessible for one week).

 

① 2019 October 19th (Sat) 17:30-19:00(90 min)

<Theme>: Part 1 “The Lost Sky – An Introduction”

We have been watching the skies for over 10,000 years. In the last millennia the horoscopic chart has replaced our visual experience of the heaven. While the chart is a fantastic tool for working with planets, what about the rest of the heavens? We pretend that there are only planets in the firmament – in their lonely orbits on the narrow road of the ecliptic. Our relationship with the sky has been lost and all its rich myths and stories. If we expand our horizon by reconnecting horoscopic astrology with the sky, the results are surprising.

 

② 2019 November 30th (Sat) 17:30-19:00(120 min)

<Theme>: Part 2 “Stars and Charts”

This webinar will introduce you to the concept of how to read the fixed stars in a natal chart by linking stars to planets. The first method is the most common way: projecting the stars onto the ecliptic. But Fixed Stars are far more than just a point or degree on the ecliptic; they are suns with their own planetary systems. Therefore Christian introduces you to other ways how we can unite the starry sky with our horoscopic chart. This method acknowledges the true position of a star and is called ‘parans’, the most ancient way of working with fixed stars.

 

③ 2020 January 18th (Sat)17:30-19:00(90 min)

<Theme>: Part 3 Let’s get practical!

With the contents introduced in webinar 1 and 2, we will practically start to bring back the stars into our horoscopic charts. How can we interweave planets and fixed stars with the natal chart to create a holistic fabric? We will be using attendees’ natal fixed stars to show how these can be used to add depth to your understanding of the natal chart.

 

2. Lecturer

Christian Koenig

(Bio)

Christian Koenig has studied astrology for more than thirty years. He is a “Certified Astrologer of the German Astrological Association (DAV).” He has an astrological clientele and also works as a depth psychologist and trauma therapist with a university degree in psychology. He publishes in astrological magazines and has written two books. Throughout the world he lectures on his astrological passion: the holistic view of the whole sky (fixed stars, constellations, planets). In 2019 he was honoured with the ‘International Jayavidya Award’.

 

3. Registration fees (include translation/interpretation fees)

All participants including who missed the class on the day can access the recording for one week after the webinar.

● Pay in a lump 20,000 yen(tax inc.)(Early bird fee*19,000 yen/**AOAJ school students 13,500 yen)

No refunds for cancellation after registration and payments have been made.

● Pay in instalments 21,000 yen(tax inc.) 7,000 yen(tax inc)×3 times

Payment to be made by prior month end of webinar.

*Early bird fee is valid till September 25th ( the payment must be paid by September 27th).

 

4. How to register

Please fill in and submit the form below.
Zoom link will be sent upon confirmation of your payment. The Zoom link will be sent a few days prior to the webinar.

 

 

 

レビュー投稿はこちらから↓。「見出しレビュー」に講座名を入力の上投稿ください。

レビューを投稿する
1
2
3
4
5
投稿
     
キャンセル

レビューを投稿する

Average rating:  
 5 reviews
by T
大きな衝撃をいただいた

まゆみさん、こんばんはやっと書き起こしが終わったので改めて感想を書きます。恒星に、こんなに沢山の情報が詰まっているとは驚きました。クリスチャン先生に見てもらった感想ですが、水星□冥王星のせいでこんな苦労をするとは思ってもいませんでした。ですが、私は戦士であり、最終的には成功を収めるとおっしゃって頂きじゃあ、もう宿題をやるしかないと諦めました(笑)以前まゆみさんに私のホロスコープを見てくださったときにも、自己評価を上げることはテ-マと仰っていましたね?これが闇の部分を見て成功に導くとおっしゃってた、クリスチャン先生の言葉にリンクしました。前もまゆみさんに質問した「私はなぜフランスに来たのか?」という問いの回答が、ちょっと分かりかけてきたような気がします。MCうお座ですし、恐らく私は言語を使って奉仕する為にフランスに来たんだと思えてきました。繋ぐことと海外とサポート、今習っている合気道を通して将来日仏貢献するような気がします。この講座をきっかっけで、さらにもっと占星術を勉強したくなりました。ブログは私の癒しです。私の闇の部分をフォーカスして、お役立ち記事を書いているのでそれで報われた気がしています。時々、勇気をもらいました!とメッセージも頂くようになりました。他の恒星も本を買って調べてみますね。私はブログでスピリチュアルなことも書くべきだろうか?そして勉強して仕事にした方が良いのか?とも思えてきました。この恒星の講座は、私の人生に関る大きな衝撃を頂いた内容で、ユ-モアがあって、イマジネーションあふれる素晴らしい時間を過ごせました。クリスチャン先生にも、どうぞ宜しくお伝えくださいませ。また特別講座を楽しみにしております。

by I K
あたたかいお人柄に感激

今回の三回シリーズの講座を受講させていただき、クリスチャン先生のあたたかなお人柄にとても感激いたしました。咲耶さんの通訳も素晴らしくお二人のご尽力に心より感謝いたします。ありがとうございました!特に印象に残ったのは各恒星のイメージ画像です。恒星を紐解くのにイメージは欠かせないと思います。美しい画像を見ているだけで、視聴側のイメ―ジも喚起されたと思います。最後の詩も素敵でした。クリスチャン先生と咲耶さんに心より感謝を。パランという古代からの手法は、日本では10年前に紹介されましたが今また少しずつ注目が集まっているようにも感じています。出生図と恒星パランとスターマップを融合させて読む、ブレイディの提唱するVisualAstrologyにますますのめり込んでいくであろう予感を感じています。昨年のエジプトでの講座(たしか古代のアストロノミー講座だったかと)!クリスチャン先生も行かれたのですね~。いいですね~ジタバタ。いつかかならず参加したいです。もとい。咲耶さん、この度はお世話になりました。ありがとうございました。また他の講座も受講させていただくこともあるかと思います。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

by F.M.
なんて贅沢な講座

クリスチャン先生すごく素敵な先生ですね!回を重ねるごとにお人柄の魅力が増してます。恒星について、基礎から本当に丁寧に教えて頂き、なんて贅沢な講座なんだろうと思っています。次回最後寂しいです。

by K.I さん
モチベーションがググっと上がった!

お世話になっております。遅ればせながら、本日やっとクリスチャン先生の第一回講座録画を拝見しました。リアルタイムで受けることができなくても、録画受講できることが本当にありがたいです。とてもわかりやすく、画像も美しく。咲耶さんの通訳もあり、楽しく受講させていただきました。ありがとうございます!プトレマイオスがアルマゲストとテトラビブロスとで恒星を書き分けていた…とは!全然知りませんでした。最後の詩も素敵でした…!また、ブレイディさんがブリタニカ百科事典をもとに膨大な著名人をピックアップし、恒星のインデックスを作り、25年問もの時間をかけて研究されたというお話が胸に響きました。ブレイディさんの本は愛読していますが、このような背景を知るとさらに重みが増すというものです。クリスチャン先生のお話を伺って、モチベーションがぐぐっと上がりました。次回はいよいよ恒星パランですね。とても楽しみにしています。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

by ラブリブラ
泣きました

まゆみさん、最初のチャートのスライドから引き込まれて、感動がはじまり、最後の詩は泣きました😭クリスチャン先生に出会えて感謝します。まゆみさんとのご縁にまた感動した夜でした。

Pocket
LINEで送る