夢(3)

ブライアン・クラーク著  咲耶まゆみ
By Brian Clark    Translated by Mayumi Sakuya

English text to follow.

 

夢と夢チャートについて

夢と夢のホロスコープの解読を始める前に、まずは夢に耳を傾ける。ドリーマーが夢に見た内容を書くのが一番良い。夢を複数回解釈することが必要な場合が多いからだ。記述された夢であっても、解読するたびに何か新しいものを明らかにしてくれる。ドリーマーが記述せずに夢を語ると、夢の発祥地である夜ではなく、昼の世界にあわせて無意識に編集・変更してしまうおそれがある。夢のイメージを広げて、個人との関係を見つけ、自然に出てくる感情や思い出を尊重すると、夢を膨らませて見ることができる。アストロロジャーが夢に傾聴するときには、占星学の観点から内面の夢のイメージに耳を傾けることになる。しかし、夢は人生の神秘の一部であり、私たちの問題の解決案ではないことは忘れてはならない。

 

 

夢とネータルチャートを扱う時、まず夢チャートを見て夢のイメージと一致するテーマや心象を分析すると役立つ。これによって占星学的イメージで夢を広げることができるからだ。夢は夜の世界に属する。そのためドリームワークは私たちが望むほど決して秩序だった分かり易いものではない。 これには月のアプローチが求められる。夢のイメージはしばしば神秘的であったり、無意味でさえあることもあるが、それでも想像のイメージが組み込まれている。それ故に、直観的に増幅させる夢と、夢ホロスコープの象徴は最高の組み合わせなのだ。

夢チャートの第一印象は重要だ。アングル、アンギュラー惑星、ステリウム、ハウスの配置とアスペクト。まず初めに私は、運行速度の速い惑星、特に月と共に、ネータルチャートが夢に関係する側面を浮き彫りにするアングルに関心を向ける。内惑星とアングルにテーマが繰り返され、アストロロジャーに特定の領域を分析するように仕向ける。夢の観点からは、内惑星はより大きい魂像を顕微鏡でのぞく。内惑星の運行は速い上に、軽く見られがちなので、目が覚めている状態では見過ごしてしまうことが多い。しかし、魂は内惑星たちが何を言いたいか分かっていて、それを夢との対話の中で確認する。内惑星は運行が速いので、特有のアスペクトを形成する。

夢は私たちの夜間の暮らしの一部であることから、夢チャートではアングルとハウスは大切だ。夜間の2時間毎に変わるからだ。そのために、アンギュラー惑星を主要なテーマとして考慮しながら、ハウスにいる天体に着目し、ネータルチャートと比較する。夢チャートの一つ一つがユニークだ。

 

ソーシャル惑星は、日中のニュースに表れる倫理や真理を示すことが多い。夢チャートで、外側の人生がどのように魂に印象付け、魂が何を感じ、どんな気持ちを抱いているかを内側から見ることが出来る。

外惑星のトランジットは、夢の背景を増幅させ、確かめることが出来ることがある。外惑星のイメージは区別される。従って夢と照らし合わせることで、夢の性質を確認できる。夢チャートの外惑星はネータルチャートに対するトランジットであるから、夢のより大きな背景や枠組みを明らかにしてくれる。

外惑星のネータルチャートに対するトランジットは、象徴やイメージを通して反映される。しかし、夢とトランジットの重要な点は、その特性がトランス・サタニアンであること、あるいは、目に見える人の経験を超越しているという事だ。象徴学的にいうと、外惑星は秩序、システム、自我の支配の外にいる。これ自体が魂を呼び起こす。従って無意識はこれらの惑星のエネルギーに敏感になる。デーン・ルディア氏は自身の後期の書籍で外惑星のことを「銀河系の大使」と呼んでいる。

アストロロジーは、夢を天王星的、海王星的、冥王星的の3つの基本分類に分けることで、夢分析のプロセスにもう一つの側面を与えてくれる。

 

 

現代占星学の外惑星は、伝統占星学を超越する。古代人が見ることのできなかった外惑星は、現代になって現れ、人類がコントロールしたり、文明化する力を超えたものを象徴する。この意味からすると、外惑星は魂の仲介人になる。外惑星は全て自我のコントロールを超えた状態を示すことから、最も馴染みがない。そしてほとんどの場合自我と相反する。そしてルディア氏のような現代アストロロジャーが、これらのエネルギーを受け入れるための3つの方法を区別する手助けをした。

夢は人生サイクルを通して起きる。しかしながら人生の重要な変遷期に夢が最も価値ある案内役になることもある。ノードリターン期では、人生の目的の再調整を意識づける助けになることもあるし、また中年期では、夢は重要なメッセージの伝達者にもなることもある。

 


ネータルチャートへのトランジット

ソーシャル惑星と外惑星は、夢の中で関連するシンボルやイメージの中で反映されることがしばしばある。以下に私が夢に見たイメージを記す。しかし、もちろん各惑星に関連する物は他にも多数ある。

冥王星 死、破壊、死んだ赤ちゃん、出産、トイレの夢、黒と白のシンボル、タブー、悲しみ、下水管、ごみ、汚染、激情、冥界へ下降
海王星 洪水、溺死、霧、消失、海、海に飛び込む、混乱、偽り、超現実的
天王星 飛ぶ、打ち砕かれるガラス、切り離す、宇宙、イメージの断片か、バラバラになったイメージ、破壊、離別、疑い、不安、憤慨
カイロン 傷、癒し、医療処置、門外漢、脚、手、外国人、難民
土星 権威ある人物、行動の結果、規則や制約、冷たさ、境界、骨格、骸骨
木星 旅、賢明な男女、教会、尖塔、成長、大学、外国

外惑星は、未知で、隠され、抑圧され、陰にあるものである一方、ソーシャル惑星は、社会の期待や罪悪感のような感情と向き合う。

 

 


夢惑星

ネータルチャートでは、感受性と神話から夢の世界に関連する天体は4つある。ネータルチャートの以下の天体のアスペクトや、あなたの夢に対する感受性、イメージの心象風景に関して何を示しているか見てみよう。

言語習得前のあらゆるイメージ、感情記憶と内面にある無意識の歴史の貯蔵庫、魂の入れ物。月は感情記憶を表すとともに、個人の無意識の領域で、心的外傷経験の忘却と保護を示す。この魂の場所は夢によって描かれ、自己のこの領域を内観する助けとなる。そのため、月のトランジットは夢チャートでは非常に活発だ。プログレスの月は、起きている世界にイメージを記憶し、振り返り、貯蔵する力のバロメーターだ。
水星 夢の見張り番、メッセンジャー、仲介役、冥界へ出入りする魂の案内役、繋ぐ、目覚めと眠り、意識と無意識の境目を行ったり来たりする詐欺師的な存在、神話の水星は、霊魂の冥界への運び屋、姿形が変わるイメージ、二重の意味、奇術、夢の魔術的性質。
カイロン 中間にある状態、間にある空間、夢培養、中間の流動性、本能的な人生と神聖さの間、傷と症状の自覚。カイロンは、癒しの夢の神アスクレピオスの師匠であったことからドリームワークのプロセスや現世的世界と精神的世界の間、本能の領域と神の領域の間の元型的エネルギーに類似する。
海王星 イメージの洪水、象徴的な領域、元型的充足感、意味づけの衝動、神とつながっている気持ち、想像と夢の世界。海王星は夢のイメージを編み、境界のない、流動的な魂の性質をもつ。

夢チャートは夢を背景に探究される。こうすることで、ハウスは夢の舞台や環境を示し、惑星は人格化し、アスペクトは夢の中の対話を反映することもある。しかしながら、夢チャートの解明は常に独特だ。ネータルチャートと対比することで、夜の世界が表す夢のメッセージをより深く理解することが出来る。

 

「ヤコブの梯子」ミシェル・ウィルマン(1960年)

以上

★(残席あります)ブライアン・クラーク先生のリトリートを開催します。詳細・お申込みは、こちら

5月25日(金)~27日(日) 「ドリームアストロロジー・リトリート in 長野~アストロロジーの神秘と魅惑の探究」
5月28日(月・夜) 「出版記念講座 in 東京~水星、旅、変遷、タイミングの神」


Dream (3)

by Brian Clark

 

Working with the Dream and the Chart

To begin working with the dream and the horoscope I listen to the dream first. I find that it is best when the dreamer has written down the dream, as it is often necessary to have multiple readings of the dream. Even with the written account each reading of the dream reveals something new. Without the written account each telling of the dream can be unconsciously edited and modified by the dreamer, aligning itself with the day world rather than the night where it originated. Amplifying the dream images, looking for personal associations, honouring spontaneous feelings or memories that arise will be helpful in amplifying the dream. However, on listening to the dream an astrologer hears the inner images of the dream astrologically. Remember dreams are part of the mystery of life, not the solution to your problems.

 

 

In working with both the dream and the natal charts, I find it useful to examine the dream chart first for themes and images that are consistent with the images of the dream, as this allows amplification of the dream using astrological imagery. Since the dream belongs to the night world, dreamwork is never as ordered and straightforward as we might like. It invites a lunar approach. Even though dream images are often mysterious, even nonsensical, they are embedded with imaginative meaning; hence the intuitive amplification of the dream along with the dream horoscope symbols become an awesome team.

First impressions of the dream chart are important: the angles, angular planets, stelliums, house placements and aspects. To begin I am interested in the faster moving planets, especially the Moon, along with the angles that highlight aspects of the natal chart relevant to the dream. The inner planets and angles often repeat themes and direct the astrologer to examine certain environs. In the context of the dream the inner planetary constellation are microcosmic of a larger soulful picture. Inner planetary movements often escape the wakeful eye as they move quickly and are taken for granted. Yet the soul knows their voice and this is confirmed in the dialogue of the dream. Since they are faster-moving they form more specific aspects.

Because dreams are part of our nightly life, the angles and houses are very important in the dream chart, as they change approximately every two hours during the night. Hence planets in houses can be highlighted and compared to the natal chart while angular planets become a central theme to consider. Each dream chart is unique.

 

 

I often find the social planets are indicative of the morals and truths that might be stirred during the news of the day. The dream chart gives us an inner view of how the outer life impresses the soul, what it senses and how it feels.

Within the pantheon of the planets, the outer planets’ transits may amplify and confirm the context of the dream. Outer planet imagery can be differentiated and therefore in reference to the dream can help confirm the nature of the dream. Since the outer planets in the dream chart are transits to the natal chart, they reveal the larger background context and framework of the dream. Transits to the natal chart of the outer planets are reflected in dreams through analogous symbols and images. But their importance in both the dream and by astrological transit is that their character is trans-Saturnian or beyond the visible boundary of human experience. Symbolically speaking the outer planets lie outside the orbit of order, the system or the dominance of the ego. This in itself arouses soul; therefore the unconscious would be alert to the energies of these planets. Dane Rudhyar referred to the outer planets in his later work as the ‘ambassadors of the galaxy’.

Astrology may add another dimension to our analysis of the dream process by making us differentiate dreams into three basic categories: Uranian, Neptunian and Plutonian.*3 

 

 

In contemporary astrology the outer planets are beyond tradition.*4  Invisible to the ancients they reveal themselves in the modern era and symbolise agents of what is beyond the human capacity to control or civilise. In this way they are agents of the soul and to the modern astrologer like Rudhyar helped to differentiate three ways of being open to energies most unfamiliar and at most times at odds with the ego since all represent states beyond its control.

Dreams occur throughout the life cycle; however there are times during important life transitions when dreams may be a most valuable guide. At the nodal return period dreams may help us be more aware of the realignment of our life purpose while during the midlife process dreams may be important message bringers.

 


Transits to the Natal Chart

Social and outer planets are often reflected in dreams through symbols and images connected to the planets. Below are some images I have seen in dreams but of course there are many more associations with each planet.

Pluto death, destruction, dead babies, giving birth, toilet dreams, black and white symbols, taboos, grief, sewers, garbage, pollution, rage, a descent to the underworld……..
Neptune floods, drowning, fog, disappearance, sea, diving into sea, confusion, deceit, surreal…..
Uranus flying, shattering glass, cut off, space, fractures or fractured images, breaking, separating, suspension, anxiety, fury……
Chiron wounds, healing, medical procedures, outsiders, legs, hands, foreigners, refugees……..
Saturn authority figures, consequences to actions, rules and restrictions, coldness, boundaries, skeleton, bones………..
Jupiter travel, wise men and women, churches, spires, growth, university, foreign settings……

Outer planets might reveal more of what is unknown, hidden, repressed, in shadow while the social planets confront societal expectations and associated feelings such as guilt.

 

 


Dream Planets

In the natal chart there are four planets especially linked to the dream world through their receptivity and their mythology. Note the aspects to these in your natal chart and what this might suggest in terms of your receptivity to dreams and the inner landscape of images.

Moon the container of all preverbal images, feeling memory and the inner storehouse of our unconscious history, a vessel of the soul. While the Moon represents the feeling memory, it is also the domain of the personal unconscious and suggests the forgetting and protecting of traumatic experience. This geography of the soul is charted by the dream which helps to bring reflective awareness to this aspect of the self. Hence the transits of the Moon are highly active in dream charts and the progressed Moon is a barometer of the capacity to remember, reflect and restore images to the waking world.
Mercury the shepherd of dreams, the messenger, the go-between, going down and leading the soul in and out of the underworld, linking, the trickster figure which hovers on the threshold between waking and sleeping, conscious and unconscious. Mythologically Mercury is the psychopomp and leader of the souls in and out of the underworld. His mercurial nature is present in the shape-shifting imagery, the double entendres, the sleight of hand as well as the magical qualities of the dream.
Chiron the metaxy or the in between state, the space between and dream incubation, the fluidity of the in between state, the space between the instinctual life and the divine, the consciousness in our wounds and symptoms. Chiron is akin to the process of Dreamwork as he is the mythological mentor to Asclepius, the God of the Healing Dream as well as the archetypal energy that is between the secular and spiritual worlds and the instinctual and divine realms.
Neptune the flood of images, the symbolic realm and archetypal feeling content, urge to make meaning, feeling connected to the divine, the imagination and the dream world. Neptune is the weaver of dream images and the boundless and fluid nature of the soul.

The dream chart is explored in the context of the dream. In this way the houses can be indicative of the settings and environments of the dream, the planets might personify some of the characters while the aspects might resonate with some of the dialogue in the dream. However, unravelling the dream chart is always unique and when compared to the natal chart it allows a deeper appreciation and understanding of the dream messages that the night world reveals.

 

Landscape with the Dream of Jacob by Michael Willmann

 

End.

*3. Dane Rudhyar, Astrology and the Modern Psyche, CRCS Publications, Vancouver, WA: 1976, 155

*4. In some cases traditional astrologers do not use the outer planets as they are not part of the tradition of astrology. Uranus is discovered in 1784 during astrology’s hiatus while Neptune is discovered in 1846 as the imagination is again beginning to stir.

 

★Click here  for details of Brian Clark‘s Nagano retreat on May 25th(Fri)~ 27th (Sun),2018 and Tokyo seminar on May 28th(Mon, evening),2018.

 

関連記事

 

Pocket
LINEで送る

レビューを投稿する
1
2
3
4
5
投稿
     
キャンセル

レビューを投稿する

Average rating:  
 0 reviews