金星の庭園に戻ろう Recovering the Garden of Venus(1)

金星の庭園に戻ろう Recovering the Garden of Venus(1)
6世紀の初め、イタリアのパドア市に住む司教が花婿と花嫁に詩を綴った。詩に登場するキューピッドは、実り豊かな庭園にいる美しい母親のビーナスを訪ね、「『古い帝国』」は破れ、世界は『不感症の処女』に取りつかれてしまいました」と訴えた。

Read more ...

金星の庭園に戻ろう Recovering the Garden of Venus(2)

金星の庭園に戻ろう Recovering the Garden of Venus(2)
この女神は、メソポタミア時代の星の女神イナンナとイシュタル、そして東洋の女神からさえも特徴を受け継いでいる。しかし、ギリシャのアフロディーテは、、、

Read more ...

金星の庭園に戻ろう Recovering the Garden of Venus(3)

金星の庭園に戻ろう Recovering the Garden of Venus(3)
アフロディーテはまた、文明化された衝動とも関連付けられた。生の衝動や感情が芸術になったとき、彼女もそこにいた。彼女は生殖的であるだけではなく、創造的本能の喜びの中にもいた。

Read more ...

エロスのため息 ~恋の形而上学 Remembering Eros(1)

エロスのため息 ~恋の形而上学 Remembering Eros(1)
雨の日の金曜日の午後。 偶然カフェで再会した、アストロロジャー(ビータ)と生徒(シルビー)の対話。人は人を愛する時に、何を求めているのか。相手の中にある何を見ているのか。2人は愛について語り合う。

Read more ...

エロスのため息 ~恋の形而上学 Remembering Eros(2)

エロスのため息 ~恋の形而上学 Remembering Eros(2)
ええ、そうね。太陽は蠍座に、火星は山羊座にある。「パワフルに」、「ハングリーに」、「容赦なく」、人生から満足を求め、かなり「セクシャル」でもある。女性性の天体の月と金星は、両方とも地のサインだけど、、、

Read more ...

エロスのため息 ~恋の形而上学 Remembering Eros(3)

エロスのため息 ~恋の形而上学 Remembering Eros(3)
マルシリオは愛するカバルキャンティにこのように綴っている。「その昔、親愛なるジオバンニよ、僕はオルフェウス教から愛は存在し、世界全体の鍵を握っていることを学んだ。そして、プラトンからは、、、

Read more ...

 

Pocket
LINEで送る