カイロンと癒しの旅 (1) Chiron and Healing Journey (1)

メラニー・ラインハート著  咲耶まゆみ
By Melanie Reinhart   Translated by Mayumi Sakuya

English text to follow.

 

カイロンとカイロンの周期

カイロン周期はとても楕円形なので、サインによっては他のサインよりもずっと長く滞在する。魚座と牡羊座には7年か9年。乙女座と天秤座には2年以下のみだ。したがってネータルの配置との最初のスクエアは5歳(獅子座・乙女座・天秤座のカイロン)と23歳位(水瓶座・魚座・牡羊座のカイロン)で起こる可能性がある。そのため、土星周期のように都合よく大体の均等分割ができない。しかし、50歳になった1年以内に必ずカイロンリターンになる。

あなたのカイロントランジットを研究してみると、あなたの人生行路に重大な影響をもたらした主な転機、危機、出来事、あるいは人生体験に対応していることに気づくだろう。未解決のままにした課題、捨てた希望が次の螺旋が回る時に再び現れる。それは新しい形態の中に統合させるためなのかもしれない。古い傷口が開き、癒しを求めるかもしれない。過去からのやり残した仕事が再び現れるかもしれない。それらは許し、行動、理解を通して解決する機会をもたらす。カイロン-カイロン周期は覚醒、バランスの取り直しのひとつであり、強化期間でもある。このプロセスの中で私たちはこの覚醒を促すために必要な、心地よく、優しい体験から破壊的で衝撃的に至るまでの事を体験する。癒しのプロセスは「苦悩を苦しむ」のではなく、体験と真に取り組むことを学ぶ中で多くの異なる領域へ導くこともある。

 

 

カイロン-カイロン周期は、新たな理解が徐々に統合されていく中で強烈な方向転換を伴う深淵なスピリチュアル的現実に新たに気づきこともある。私たちの世界やその中での自分とは誰かという感覚が変わる。それを受け入れやすい時もあれば、そうでない時もある。魂は独自のタイミングと英知を持つ。
だからこそ癒しや覚醒の工程では「フリーサイズ」のアプローチは通用しないのだ。一つの手法、方法、流派、心理的、精神的なものが「全体的癒し」をもたらすことはない。また私たちが取り組む課題に対して一人のセラピストやヒーラーが「総合的打開策」を提供できることもない。カイロンは私たちの中にある英知に繋げる個人的な内面の糸、あるいは「一つの道(One Way)」を象徴する。これによって私たちが必要なものを見つけ、持っている物で取り組み、プロセスを信頼し、必要になった時に前に進むことができる。癒しは至るところにあり、謙虚に頼めば必ず癒しは起こる。しかしそれは後知恵でしか気づけないやり方でやってくることもある。そのプロセスは私たちの制御と理解の限られた力以上に深いところまで行く場合もある。このプロセスの中には特別な的確さがあり、天空の中の動きと魂の中の動きがいかにつながっているかを示すことがよくある。後続のカイロントランジットの間、前の内容を体験することがある。同じ心理的成分が別の形で集結されるが、同じ意味をもつ。これは機械的に繰り返される工程ではなく、魂の英知の顕現であり、理解を得るまで同じ「教訓」を再循環する。その理解は魂が差し出し、また私たちが先に進むために魂が必要とするものだ。

幼少期の体験は確かにその後の行動や性格に影響を与えるが、占星学の観点からすると、私たちは特定の体験の傾向をもって転生をする。それはホロスコープに反映していて、私たちのスピリチュアルな覚醒の原料をもたらす。この意味でホロスコープは私たちが誰であるかはあまり反映しておらず、むしろ取り組むためにここに来たもの、そして人生行路を通してどのような体験と遭遇するかを示す。その体験は自分を見つけ出す内側の体験に貢献する。後知恵を伴う私たちの苦痛は個人的体験を通さないとしっかりと定着することのできない英知を養うために非常に精密に仕立ててあるようだ。旅路の工程のある段階においては、私たちはホロスコープやそれが明らかにすることと「同一化」しがちだが、やがてこのような気づきを、一つの結果に固執することなく内包し、受け入れて、占星学的であれ、それ以外の見方であれ、自己に対する限定的な定義から解放するための下支えにしていくことがより大事になってくる。

 

 

最初のカイロン-カイロンスクエアは人生の「印」のような体験をもたらすことがよくある。その中で土星的社会化や教育の順序付けよりも私たちの魂のほうが優位となる。慣れ親しんだ世界から一時的に追い出されるような何かが起こることがある。例えば、トラウマ体験をする。病気になる。「自分がどこから来たか」を思い出す個人レベルを超越したトランスパーソナル的な記憶を呼び覚ます。人生行路に影響を与える誰かまたは何かに出会う。「大人になったら」何になりたいか突然知る。その体験が良いと判断されるか悪いと判断されるかは、それを通り抜ける「運命の流れ」の感覚ほどは重要ではないだろう。例えば、射手座カイロンを持つある若い男性の最初のカイロン-カイロンスクエアでは大事故に遭い体幹ギブスをする羽目になった。かなり回復したものの、身体的もろさの感覚を持ち続けた。しかしながら、療養中、彼は怪我をしなかったら熱中していたであろう大学講義内容よりもはるかに幅広い内容の本の読書に多くの時間を過ごした。彼は形而上学や哲学に情熱を持つようになり、彼の人生を通して持ち続けた。

この例が示すように、若いときに最初のカイロン-カイロンスクエアが起こる時、特に最初の土星-土星スクエア前の時は、家族の中でトラウマや不幸などによって標が刻まれる場合がある。その結果としてもたらされる心理的成長の加速が集団予防接種前によくあった「小児期の病気」のような身体的疾病を通して安定化したり、抑制化することもある。幼児期の体験は良くも悪くも休眠状態にあり、後のカイロンサイクルの時点か、外惑星がカイロンの配置の重要な部分に対してトランジットする時に表面化する。

 

 

最初のカイロン-カイロンオポジションは人生の目的や意味に関する何かを暗示する場合がある。また人によってこれが病気か方向転換の危機になり、知りながら、または知らずに最初のスクエアを再訪する。オポジションは関係性の課題に注意を向けられることの多いアスペクトであるが、このアスペクトは両親、兄弟、学校の先生、他の権威的人物のような他者によって傷つけられたと感じる体験を伴う場合がある。しかしながら、師匠や精神的指導者が現れる時期でもあり、この時期私たちの心はかなり開いているので、その人物の影響は深い可能性がある。これらの関係性の相手がヒーラー、セラピスト、神父、教師であれ、彼らに対して以前会ったことのあるような懐かしい感じを持つ場合が多い。実際に会ったことがあるのかもしれない。「カルマが熟成する」ような感じはこのような出会いを伴うことがよくある。また、人生の中で一番「困難」と思う人たちから一番多く学ばされる可能性があると覚えておくとよい。私たちの先生は様々な形でやってくる。

オポジションも2度目のスクエアも癒しの時期をもたらす。さらに、カイロントランジットはセクシャリティや官能感覚と再びつながり、私たちの「上」と「下」の性質のバランスを取り直し、培った偏りを低減する機会がもたらされる。オポジションのキーワードは「気づき」で、この時期は内側にある知識と洞察の源とのつながりを深めることを意味することが多い。

 

続く

カイロンと癒しの旅 (2) はこちら →

「メラニー・ラインハート先生の「The Chiron and Healing Journey」は、先生のウェブサイト(→こちら★) で販売しています。」

 


Chiron and Healing Journey (1)

by Melanie Reinhart

 

The Chiron-Chiron Cycle

Because Chiron’s orbit is very elliptical, it spends much longer in some signs than others – seven or eight years in Pisces and Aries, and only two or less in Virgo and Libra. Hence, the first square of Chiron to its own natal place may occur anywhere between the age of about five (Chiron in Leo, Virgo, Libra), and about twenty-three (Chiron in Aquarius, Pisces, Aries). Thus, the cycle cannot be conveniently divided into approximately equal quarters like the Saturn cycle, although the Chiron Return is always within the year after we turn fifty.

If you study your past Chiron transits, you will see that they often correspond to major turning points, crises, events or life experiences which may have significantly influenced the course of  your life. Issues left unresolved, and hopes once abandoned, may reappear at the next turn of the spiral, perhaps allowing their integration in a new form; old wounds may open up and seek healing; unfinished business from the past may appear, bringing opportunities for resolution through forgiveness, action or understanding. The Chiron-Chiron cycle is one of awakening, rebalancing, and periods of intensification. In this process, we experience whatever is needed to facilitate this awakening, ranging from the sweet and gentle to the disruptive and shocking. The process of healing may take us through many different kinds of terrain as we learn to make true contact with our experience rather than ‘suffering over our suffering’.

 

 

The Chiron-Chiron cycle may bring new awareness of deeper spiritual realities, accompanied by intensive reorientation as the new understanding is gradually integrated. Our world, and our sense of who we are in it is changed; sometimes it is easy to embrace this, and sometimes it is not. The soul has its own timing and wisdom, which is why a ‘one size fits all’ approach does not work for the journey of healing or awakening. There is no one method, approach or school, psychological or spiritual, which can offer the ‘Total Healing’, and neither can any one therapist or healer provide the ‘Total Solution’ to the issues we are working with. Chiron symbolizes our personal inner thread, or ‘One Way’, which connects us to the wisdom within ourselves. This enables us to find what we need, work with what we have, trust the process, and move on when we need to. Healing is everywhere and, if humbly requested, will definitely occur, although it may come in ways we only recognize with the wisdom of hindsight. The process may go deeper than our limited capacity to control and understand it. There is often an extraordinary precision in this process, demonstrating just how connected are the movements within the soul to the movements within the heavens. During subsequent Chiron transits, the content of earlier ones may be experienced; the same psychological ingredients will constellate in a different form, but carrying the same meaning. This is not a mechanical repetition process, but a manifestation of the wisdom of the soul, which will recycle the same ‘lesson’ until we have gained the understanding which it is offering and which our soul needs in order that we can move on.

Although early experiences do influence our subsequent behaviour and character, in astrological terms we enter this incarnation predisposed to certain kinds of experiences, as reflected in the horoscope, which in turn provide the raw material for our spiritual awakening. In this sense, the horoscope reflects not so much who we are, but rather shows what we have come here to work with, and the kind of experiences we encounter on our journey through life, which contribute to our inwardly finding out who we are. Our afflictions may with hindsight seem tailored very precisely to cultivate in us the wisdom that can only be anchored through personal experience. While at a certain stage of our journey, we tend to ‘identify with’ our horoscope and what it reveals, eventually it becomes more important to include and embrace these insights in an open-ended way which supports a process of releasing our grip on our limited definitions of self, astrological or otherwise.

 

 

The first Chiron-Chiron square often brings experiences that are like ‘markers’ in our life, where the needs of our own soul take precedence over the Saturnian sequence of socialization and education. Something may occur which temporarily removes us from our familiar world. For example, we have a traumatic experience, we become ill, we have a transpersonal remembering of ‘where we came from’, we encounter someone or something which influences the course of our life, we suddenly know what we want to do ‘when we grow up’. Whether the experience is judged as positive or negative is perhaps not as important as sensing the ‘current of destiny’ which runs through it. For example, at his first Chiron-Chiron square, a young man with Chiron in Sagittarius ended up in a body cast after a serious accident. Although he made good recovery, he was left with a residual sense of physical frailty. However, during his recuperation, he spent a lot of time reading material far wider than the school syllabus he would otherwise have been immersed in. He developed a passion for metaphysics and philosophy which accompanied him throughout his life.

As this example illustrates, when the first Chiron-Chiron square occurs early in life, particularly if it is before the first Saturn- Saturn square, it may be marked by trauma or unhappiness within the family setting, and the resulting acceleration of psychological growth may sometimes be stabilized or contained through physical illnesses such as the ‘childhood diseases’ that were common before mass vaccination. Early experiences, positive or negative, may lie dormant and then surface at a later point in the Chiron cycle, or during an outer planet transit to a key part of the Chiron configuration.

 

 

The first Chiron-Chiron opposition may intimate something about the purpose and meaning of a person’s life, and for some people this is a period of sickness or a crisis of reorientation, where we revisit, knowingly or otherwise, the experiences of the first square. As the opposition is an aspect which often refers to relationship issues, this aspect may accompany experiences of feeling wounded by others, like parents, siblings, school teachers and other authority figures. However, it is also a time when a mentor or spiritual guide may appear, and as we are very open during this period, the influence of this person may be profound. These relationships, whether with a healer, therapist, priest or teacher, often have a feeling of familiarity about them, as if we have known the person before. Indeed, we may have. The feeling of a ‘karmic ripening’ often accompanies these kinds of contacts, which can indeed influence the course of our life. Also, it is useful remember that we may stand to learn the most from the people in our life who we find the most ‘difficult’! Our teachers come in many guises.

Both the opposition and the second square may bring periods of healing. Additionally, a reconnection with sexuality and the life of the senses frequently accompanies Chiron transits, which offer an opportunity to rebalance the ‘upper’ and ‘lower’ parts of our nature, and thus to mitigate any one-sidedness which may have developed. The keynote of an astrological opposition is ‘awareness’, and this period of time often means a deepening connection with an inner source of knowledge and insight.

 

Continue.

Click here for the “Chiron and Healing Journey (2)” →

Click here for details of Melanie Reinhart‘s books “The Chiron and Healing Journey” →

 

関連記事

 

Pocket
LINEで送る

レビューを投稿する
1
2
3
4
5
投稿
     
キャンセル

レビューを投稿する

Average rating:  
 0 reviews