チャート解釈ステップ・バイ・ステップ その1:エレメンツ Step by Step Chart Interpretation 1: Elements

チャート解釈ステップ・バイ・ステップ その1:エレメンツ

ロッド・チャン著  咲耶まゆみ
By Rod Chang  Translated by Mayumi Sakuya

English text to follow.

 

アストロロジーの経験豊富な人は、以下のステップを退屈でつまらないと思うかもしれません。でも、このような基本手順は間違いなく出生図の理解を広め、また深めることに役立つため重要なステップです。

 

 

アストロロジーを初めて学ぶ生徒にはいつも私は「出生図のどこから始めますか?」と尋ねます。「太陽」と答える人もいれば、「ASC(アセンダント)」と答える人もいます。太陽もASCも両方重要ですので、両者とも正しいといえます。しかし、一番最初のステップでエレメンツ(火・地・風・水)とモード(カーディナル・フィックス・ミュータブル)を整理すると、チャートの全体像が見えてきます。

エレメンツは、太陽、月、水星、金星、火星、木星、土星、ASC、MC(天頂)を対象とします。
まずは、これら天体がどのサインに配置しているかを見ていきます。例えば、金星が牡羊座にある場合、ディグニティに拘わらず、火のエレメンツに1ポイント付けます。

 

 

そうすることでチャートの一番強いエレメンツ、一番弱いエレメンツが分かります。例えば、あるエレメンツに4つの天体があるかもしれません。一方で、もし4つのエレメンツの比率が3:2:2:2の場合、比較的バランスのとれたエレメンツ配分と言えます。太陽が風のエレメンツにある人のチャートで、地のエレメンツが強調されている場合、その人の人生では地の性質が最も顕著になります。風は思考・意識、地は実用主義、火は行動、水は心と感情。

次に、最も弱いエレメンツを見つけます。弱いエレメンツは人生で見過ごしやすいことを示す場合があります。

さらに、ハウスをエレメンツ別に分類することもできます。ただし、あまりこのようにハウスを捉えることはありませんが有用な手法です。第1ハウス、第5ハウス、第9ハウスは火のエレメンツの性質を帯びます。第2ハウス、第6ハウス、第10ハウスは地のエレメンツ。第3ハウス、第7ハウス、第11ハウスは風。第4ハウス、第8ハウス、第12ハウスは水。このような分類のやり方をするのは、例えば火の性質が強い人が同時に同じ性質の第1ハウス、第5ハウス、第9ハウスに多数の天体を持っている場合、その性質を再確認できるからです。

 

 

次に、欠けているエレメンツがあるかを確認するとともに、今度は天体のないハウスを見ます。例えば、水のエレメンツを持っていない人が第4ハウス、第8ハウス、第12ハウスに天体も持っていないかどうか。これはその人が欠けているものを示す重要な手がかりです。例えばもしある人が水のエレメンツが欠けていて、前述したハウスに天体もないけれどもネータルの月が牡牛座の場合、この人は官能的な人でしょうか、それとも情緒に溢れた人でしょうか。

 

この記事では、米国で人気の高い政治家アレクサンドリア・オカシオ=コルテス下院議員(1989年10月13日 11:50生まれ、 ニューヨーク市ブロンクス区)を事例に取り上げます。

アレクサンドリア・オカシオ=コルテス下院議員(Wikipedia)

 

エレメンツを確認するのはASC、MC、そして太陽から土星までの天体です。

火: 月、ASC、金星
地: 土星
風:太陽、水星、火星、MC
水: 木星

 

 

必ず天体が全くない、あるいは1つしかないなど、エレメンツの不均衡を始めに確認しておくことを覚えておきましょう。コルテス下院議員の場合、地と水になりますね。両エレメンツとも天体は1つしかありません。地が象徴する物質や現実性と水が象徴する情緒が顕著になります。一方で、風のエレメンツに天体が一番多く配置しています。さらに水星がMCにコンジャンクション。これは、コミュニケーション、教育、人々や国民に対する意識が風によって示唆されると同時に、彼女が使い慣れている行動力や活力が火によって示されていることが分かります。

上記はチャートに取り組むときの一番最初のステップで、出生図の輪郭を描くステップです。簡単ですが、重要なステップですのでこの手順は飛ばさず必ず踏みましょう。シンプルになればなるほど大切なメッセージが隠されているものです。

 

以上

2019年5月25日(土)・26日(日)、ロッド・チャン先生のワークショップを開催します。
詳細・お申込みはこちら★

 


Step by Step Chart Interpretation 1: Elements

by Rod Chang

 

People with experiences in astrology might find these steps dull and boring, but these basic steps undoubtedly help broaden and deepen our understanding to a person’s natal chart.

 

 

I always ask my students who first learn astrology, “From where should we address a chart?” Some say Sun, some say ASC, and I would say they are somehow all correct since both Sun and ASC are important points. However, if we tidy up and organise the proportion of elements and mode in our very first step, we will have a more complete understanding on this chart.

Elements – usually we only count Sun, Moon, Mercury, Venus, Mars, Jupiter, Saturn, ASC and MC. The way we do this is to consider the signs that these planets fall into. For example, if Venus is in Aries, give Fire element one mark, regardless of its dignity.

 

 

Then, we should be able to find out the strongest and weakest element of this chart, for example you may find an element tenanted by 4 planets. However, if the ratio among the 4 elements are 3: 2: 2: 2, we would instead say that the elements are rather balanced in this chart. For a person whose Sun is in the Air element, if the Earth element is emphasised in his chart, the properties of Earth will still be the most prominent traits in his life. Air is thinking, Earth, is pragmaticallity, Fire is actions, whereas Water is feelings and emotions.

Next, find out the weakest element. Note that a weak element mau reflect what one may overlook in his life.

We can also categorise the houses into different elements, though it must be reminded that it is not usual to see the houses this way. 1st, 5th and 9th house bear similar attributes to the Fire element, 2nd, 6th and 10th house to Earth, 3rd, 7th and 11th to Air, and 4th, 8th and 12th to Water. The reasons why we do it this way is to reaffirm if a person, for example, bears a prominent Fire attributes and at the same time has lots of planets in 1st, 5th and 9th house which consolidate similar traits.

 

 

Then, we will check if a person lack a particular element and at the same time has no planets in similar houses, for example, if he lacks Water element and has no planets in 4th, 8th or 12th house. This could be a truly important clue reflecting what this person lacks which is also very fundamental to him. If this person lacks water element and has no planets in the aforementioned houses but his natal moon is in Taurus, should we still think that he is a sensual person or someone who is full of emotion?

 

In this series of article, I will use the popular US politician and activist Alexandria Ocasio-Cortez as case study. According to Astro Databank, she was borne on 13 Oct 1989 at 11:50 in Bronx, New York.

Alexandria Ocasio-Cortez(Wikipedia)

 

We only consider the ASC, MC, and Sun to Saturn.

Fire: Moon, ASC, Venus,
Earth, Saturn
Air: Sun, Mercury, Mars, MC
Water: Jupiter

 

 

Remember that we always focus on the imbalances first, such as any element which has no planets or only one planet. In this case, it would be Earth and Water, both of which only has one planet. It suggests that materials and pragmaticallity which Earth symbolises and feelings and case symbolised by water would be prominent here. On the other hand, Air is the element which has most planets, and her Mercury is also conjunct MC. It suggests that communication, education, her concern towards people and the society implied by Air as well as actions and vitality implied by Fire would be what she is familiar with.

This article is the very first step of how to address a chart, which is a step to outline a chart. It is a simple yet important step. Don’t skip this step. The simpler a step, more important messgaes there lies.

 

End

★Click here for details of Rod Chang‘s seminar.

 

関連記事

 

 

Pocket
LINEで送る

レビューを投稿する
1
2
3
4
5
投稿
     
キャンセル

レビューを投稿する

Average rating:  
 0 reviews