「出会いの瞬間から:大人のリレーションシップ占星学」
第9章

親密な関係 – 8ハウス

ブライアン・クラーク著  咲耶まゆみ
By Brian Clark    Translated by Mayumi Sakuya

English text to follow.

 

占星術の中では、結婚のハウスの後に死のハウスが続く。ロマンスにぴったりの組み合わせとは限らないが、確かにお酒の上で語る結婚のジョークの良いネタにはなる。結婚式の「死が2人を分かつまで」は、生涯一緒に居続けることを誓う。死はパートナーと引き離す力であり、結婚に対する真剣なコミットメントを浮き彫りにする。この誓いが広く使われるようになってから、結婚に対する姿勢とアプローチは大きく変わったが、変わっていないのは、死の8ハウスに象徴される親密な関係の複雑さだ。

 

 

この親密な関係と死の神秘的な混合は理解しがたい。8ハウスの奥行きの深さも然り。伝統占星術では、このハウスは4つの「凶」ハウスの一つだった。これらのハウスは不運や悪いことが起こる領域ではないが、プトレマイオスの観点からは、アセンダントの生命力と整合しないとされた。

古代アストロロジャーは、8ハウスを主に死と喪失、特に遺産や負債などのような喪失から得られるものに関する事柄のハウスと見た。8ハウスは、他人のお金や資産を示し、他人の死や不幸による相続や獲得を示す。今でも死や負債は、mortgage(貸付金)やamortize(償却・分割返済)という言葉に関係している。’amortize’という言葉は、現代では借金の段階的な返済という意味で使われるが、当初は死後の資産凍結を意味した。’mortgage’ と’amortize’の中のmortは死という意味だが、‘amortize’の一部であるamorは愛を意味する。

この死、負債、愛の不思議な合成は、親密さと繁栄に関係する8ハウスを通して現代占星術に引き継がれた。心理占星術は8ハウスのタブーを描出し、自我の死と親密さ・性・力や愛と喪失との関係も表す。死の変容のプロセスは親密な関係においてパートナーが体験する変化に関係する:「パートナー一人ひとりが変化する。そして3つ目の存在である結合体が形成される」。死は文字通りの意味ではなく、既知の人生から離れ、内側の魂の方に向くという意味だ。8ハウスは、親密な関係性の儀式を通して行う魂づくりのハウスだ。

 

 

伝統占星術の8ハウスは、資源の共有や保留のハウスだ。親密さに対して個人の情緒的心地よさの度合いを明かす。心を開くか、閉ざすかは愛する人とどのように資源を共有できるかを示すバロメーターになる。8ハウスはセックス、税金、死のハウスとして知られている。
このハウスの中では、愛と信用がセックスとお金と絡み合う。信頼を失うと、共同資産も失うのだ!私の経験上、8ハウスの特徴は、資源が結合するか決裂するか、儲かる共同事業になるか、想定外の相続になるか、あるいは大がかりな離婚調停になるかを明かしてくれる。8ハウスは2ハウスの反対側にある。私の物と私たちの物の両極性を形成する。私の物は、物質的、経済的、情緒的なもので、それらを共有することで私たちの物になる。

2ハウスは、私たちの身体と築く関係を探求する。そのため、8ハウスは、他者と官能性や肉体を共有することだ。伝統占星術はセックスを5ハウスに位置付けたが、現代占星術では8ハウスの一部でもある。5ハウスは娯楽と創造・生殖の領域だ;セックスは快く、楽しい。5ハウスはまた子供も司る。セックスもまた生殖とみられる。8ハウスはセックスは親交、魂の交流を示す親密な領域だ。性交は性的に結ばれることだけではなく、精神的な結びつきも示唆する。8ハウスの中では、性、死、負債は融合している。

8ハウスは、神秘と世の中に関わり、2人の関係に携わりながら自分の最深部に忠実であり続けることをマスターするハウスだ。8ハウスが場所を示すとき、外や内側にある暗く、不気味な環境の場所を表す。8ハウスの中では、親密さを通して根源的な生存の怖れがよみがえり、喪失や放棄に対する怖れとして体験されることが多い。しかし、喪失の痛みは愛着ともつながっている。8ハウスの関係性は信頼と誠実さに依存する。それらは、人生、愛、性のパートナーとの関係のみではない。両者の互いのリソースを共有するビジネスの関係や、プライバシーが尊重されるセラピストとクライアントの関係にもまた象徴されることもある。親密さは喪失と関係する。喪失は覚醒をもたらす。覚醒は変容につながる。8ハウスの中で回る神聖な輪だ。

 

 

 

親密さと誠実さ

‘intimate(親密)‘という言葉はラテン語intimaを語源にもつ。内側、最内部、内在、本質という意味 持つ;ある生徒がこう言ったことがある。「intimacyは、‘into-me-see(私の中を見る)’という意味なんですね」それは緊密なつきあいを意味する。親密な関係は自分自身を知るための内面の体験をもたらす。自己の最も深い領域が関わるからだ。親密さは自分自身との関係から始まる。

親密な分かち合いを通して開かれたものは、かつてはしまい込まれていた。心の金庫の中に封じ込まれていた。かけがえのない中身であっても、傷つきやすく、壊されてしまうことも多いため、秘密にするようになり、再び分かち合うことも躊躇する。デーン・ルディア氏は、8ハウスの事象全ての中に3つの重要な要素がもたらされると言う。その一つが信頼だ。親密さは誠実さと信用にかかっている。これは交流のハウスであるため、あらゆる段階において信用が重要だ。例えば、あなたのお金を証券取引所に預けるとする。その時は、投資のリターンだけではなく、増やしてくれるとも信じている。同じように、あなたの愛を信頼するパートナーシップに預けるとき、それを分かち合って価値を育てることができると信じている。8ハウスは神聖で根源的な領域だ。その中に眠っている可能性は、私たちがもう一度親密になって、もろさをさらけ出して、無防備になるときに完全に目覚める。

 

 

人生は時折別離によって中断される。誕生そのものは超越的な共生のワンネスから断絶し、離別の体験の中に入ることだ。他の根源的な離別や喪失は、私たちは成熟し、大人の親密な交際をする中で眠っていた記憶が目を覚ます;だからこそ、親密な感情には離別に対する怖れに彩られているのだ。この根源的な喪失感と離別感は悲しみを伴うこともある。だからこそ、絆や親密さを最も感じるときには、同時に痛切な離別と悲しみも感じることもあると説明できる。心理的・性的な緊密さを通して、昔の孤独、悲しみ、裏切りの感情の名残を見つけるのだ。

親密な関係には裏切りのリスクを伴う。様々な方法で裏切りが埋め込まれているが、性的な関係の不可欠な側面でもある。自分ではどうすることもできず、人に頼るしかない状態のままで放置された根源的な傷を解き放つことになるからだ。裏切りは変容のプロセスだ。無力感を自立した大人の態度に押し向けるチャンスだ。内省の手段として使われると、裏切りは自覚につがなる。裏切りは死に似ている気持ちだ。8ハウスの中では、裏切りは私たちを内面の強さと資源につなぎなおしてくれる。皮肉にも、このプロセスを経験することで自分自身を信頼し、生き延びられると信じ、強くなることができるのだ。死と向き合うことで何かが決定的に変わる。この変化は必ずしも説明できるのもではないが、必ず感じることができる。冥界に怯えることはなくなる。

 

 

私たちが知っている8ハウスのキーワードに、裏切り、心の緊密さ、嫉妬、愛、情熱、独占欲、憤怒、生まれ変わり、性的な親密さ、共有資源、変容、信頼、結合などがある。全て8ハウスの成長プロセスの側面だ。融合体がまだ無意識の状態にあるときは、背徳、死の感覚、嫉妬、独占欲、パワープレイ、怒りなどが勃発する。このようなパワフルな情緒を意識的に取り組むことで、生まれ変わり、変容、信用、団結の心象と共に別の段階に到達する。ここで親密さは、内側と外側の真の融合となる。

 

以上

(残席あります)ブライアン・クラーク先生のリトリートを開催します。詳細・お申込みは、こちら

5月25日(金)~27日(日) 「ドリームアストロロジー・リトリート in 長野~アストロロジーの神秘と魅惑の探究」
5月28日(月・夜) 「出版記念講座 in 東京~水星、旅、変遷、タイミングの神」

 


From the Moment We Met: The Astrology of Adult Relationships
CHAPTER 9

Intimacy – The Eighth House

by Brian Clark

 

Astrologically, the house of death follows the house of marriage; not necessarily the best combination for romance, but certainly good fodder for many bar-room jokes about marriage. In the marriage liturgy, ‘till death us do part’ was the wedding partners’ vow to remain together for life. Death, being the force that would separate the partners, highlighted the serious commitment to marriage. Attitudes and approaches to marriage have altered significantly since this was widely used, but what has not changed is the complex nature of intimate relationships whose atmosphere is symbolized by the 8th house of death.

 

 

This mysterious amalgam of intimacy and death is not easy to comprehend. Neither are the depths of the 8th house. In traditional astrology, this house was one of four houses deemed ‘bad’, not that these houses were bad or where bad things happened, but that the places were not aligned by Ptolemaic aspect with the life force of the Ascendant.46 Quincunx the Ascendant, the 8th house is in conflict with our personality.

The ancient astrologers’ view of the 8th house was mainly about death and questions concerning loss, especially gains from loss, such as inheritances or debts. The house referred to other people’s money and assets, and to inheriting or gaining from others’ death or misfortune. Death and debt are still linked through our words such as mortgage and amortize. While the modern usage of ‘amortize’ is a gradual payment of debt, in earlier usage it meant withholding property after death. Mort in ‘mortgage’ and ‘amortize’ refer to death, but amor, also a part of ‘amortize’, is love.

This mysterious amalgam between death, debt and love is carried into modern astrology through the 8th house connection between intimacy and prosperity. Psychological astrology delineates the taboos of the 8th house and draws the link between the death of the ego and intimacy, sex and power, as well as love and loss. The transformative process of death is related to changes that partners experience in an intimate relationship: ‘Each of the partners is changed individually, and a third entity, the union is formed.’48 Death is not a literal death, but a turning away from life as it has been known, a turning inward towards the soul. The 8th house is a house of soul-making through the initiations of intimate relationships.

 

 

As the traditional house of sharing or withholding resources, the 8th house reveals an individual’s level of emotional comfort with intimacy. Our attitude to being emotionally open or closed is a barometer of how we share our resources with those we love. Known as the house of sex, taxes and death, it is in the 8th house that love and trust get entangled with sex and money. When the seal of trust is broken the joint finances are, too! In my experience many 8th house signatures reveal this cementing or rupturing of resources, whether that is a lucrative joint business, an unexpected inheritance or a significant divorce settlement. The 8th is opposite the 2nd house, forming a natural polarity between what is mine and what is ours. What is mine is physical, economical and emotional, and how that is shared makes it ours.

The 2nd house explores the relationship we develop with our bodies; therefore the 8th is how we share our sensuality and physicality with others. While traditional astrology located sexual activity in the 5th house, in contemporary astrology it is also part of the 8th. The 5th house is an arena of recreation and procreation; sex is pleasurable and fun. Since the 5th house also rules children, sex is also seen as reproductive. The 8th house is an intimate environment where sex is a means of communion, a soulful exchange. Intercourse does not solely refer to sexual union, but also to a spiritual one. In the 8th house, sex and death/debt are fused.

The 8th house is a house of mystery and mastery in being true to your deepest self while participating in the world and engaging in relationships. When representative of place, the 8th house depicts dark and ominous locations on outer or inner landscapes. In the 8th house the primal fear of survival is stirred through intimacy, and often experienced as a fear of loss or abandonment. But the pain of loss is connected with attachment. Eighth house relationships are dependent on trust and integrity. They are not solely between life, love or sexual partners, but can also symbolize business relationships where the union takes each one into the shared territory of mutual resources, or the therapist/client relationship where privacy is sacred.49 Intimacy involves loss. Loss implies discovery. Discovery leads to transformation; a sacred wheel that turns in the 8th house.

 

 

 

Intimacy and Integrity

The word ‘intimate’ comes from the Latin, intima, and is defined as being inward, innermost, intrinsic or essential; intimacy, as a student once said, was ‘into-me-see’. It refers to a close association. An intimate relationship provides an inner experience of knowing oneself, as the innermost dimensions of the self are engaged. Intimacy begins with the relationship to oneself.

What is opened through intimate sharing has been locked away, well sealed in one of psyche’s vaults. Even though its contents are precious, they are vulnerable, often damaged, secretive and reluctant to be shared again. Dane Rudhyar suggested that three main factors are implied in all 8th house matters and one of these is trust. Intimacy relies on integrity and trust. As this is a house of exchange, trust is essential at all levels. For instance, when you place your resources in the Stock Exchange you trust that they will not only be returned, but will have increased. Similarly, when you place your love in a partnership you trust that it will be shared and will grow in value. The 8th house domain is sacred and primal, and its potential is fully awakened when we are once again intimate, vulnerable or exposed.

 

 

Life is punctuated by separations. Birth itself is a severance from a transcendent, symbiotic oneness into an experience of separateness. Other primal separations and losses occur as we mature, and intimate contact in adult life reawakens these dormant memories; therefore, the feelings of being intimate are coloured with fears of separation. What can accompany this primal sense of loss and separation is sadness; hence we can feel neglected even if there is no conscious recall of this occurring. This can also explain why at the height of feeling bonded and intimate we can also feel painfully separate and sad. Through emotional and sexual closeness we discover the residue from earlier feelings of aloneness, sadness and abuse.

Being intimate runs the risk of betrayal. In many ways betrayal is an embedded but vital aspect of an erotic union, as it allows an individual to unleash the primal wounds that have left them helpless and dependent. Betrayal can be a transformative process, an opportunity to push through powerless feelings towards an independent adult perspective. When used as an agent of reflection, betrayal leads to consciousness. Betrayal is a deathlike feeling, yet in the 8th house initiation it reconnects us to our inner strength and resources. We learn to trust ourselves, to know we will survive and, ironically, to be stronger because of the process. Through facing death something irrevocably changes. The change cannot always be articulated, but it is always felt. The underworld is no longer as fearful.

 

 

The 8th house keywords that we are all familiar with, such as betrayal, death, emotional closeness, jealousy, love, passion, possessiveness, power, rage, rebirth, sexual intimacy, shared resources, transformation, trust and union, are all aspects of the 8th house developmental process. The primary stage includes the awakening of emotional closeness, love, passion, sexual intimacy and sharing resources. When the fusion is still unconscious there is a stage when betrayal, deathlike feelings, jealousy, possessiveness, power plays and rage will erupt. By consciously working through these powerful emotive states, another stage is reached with images of rebirth, transformation, trust and union. Intimacy is now an authentic union of inner and outer.

 

End.

★Click here  for details of Brian Clark‘s Nagano retreat on May 25th(Fri)~ 27th (Sun),2018 and Tokyo seminar on May 28th(Mon, evening),2018.

 

関連記事

 

Pocket
LINEで送る

レビューを投稿する
1
2
3
4
5
投稿
     
キャンセル

レビューを投稿する

Average rating:  
 0 reviews